レントゲン撮影

レントゲン撮影

こんにちわ。あおぞら歯科クリニック鎌ヶ谷の院長の副島です。

今回は歯科では必ずと言っていいほど行われるレントゲン撮影です。

被ばくに関しては原発事故以来敏感になってると思いますが、適切なレントゲン撮影は健康を守る意味で必要となりますのできちんとした理解をしておくことが重要です。

まず日常生活の中でも食事、宇宙、大地、空気から自然に被ばくをしています。その量が日本人では平均で1.5mmsvです。

そして医療法で定められる年間最大許容被ばく量が50mmsvです。

被ばく量を軽減するため、あおぞら歯科クリニック鎌ヶ谷ではっではデジタルレントゲンを導入いているため通常の撮影の1/10になっています。

歯だけのレントゲン0.001mmsv

口全体のレントゲン0.003mmsv

歯科用CT0.1mmsvとなっています。

ちなみに東京-ニューヨーク往復で0.1mmsv、胸部レントゲンで0.05mmsv、医科CTで6mmsvです。

歯科で使うレントゲンは以上を見るかぎり適切に使えば心配する被ばく量ではないことがわかるとお思います。

診断に必要な場合は心配せづにきちんと防護をして撮影し確認しましましょう。

 


 

戻る

page top