子供の虫歯予防

子供の虫歯予防

こんにちわ。あおぞら歯科クリニック鎌ヶ谷院長の歯科医師の副島です。

今回はお母さんなら一番気になる子供の虫歯についてです。

虫歯はミュータンス菌という細菌の感染症で親・身近な人から子供にうつっていきます。

虫歯の菌が口腔内にいない人はいませんが多い、少ないはあります。

生まれたばかりの子供にはほとんど虫歯菌は存在しませんが遅かれ早かれ感染はしてしまいます。そこで重要なのは口の中の細菌のバランスで虫歯菌の占める割合になってきます。

3歳までは口腔なの常在菌のバランスが不安定なため虫歯菌の割合が増加する可能性が高いのです。そのため3歳までに虫歯菌の少ない口腔内の細菌のバランスを確立するのが大切になります。

特に子供と接する親は特に虫歯を治療しておくことは重要で、虫歯の多い親の口腔内の唾液には高濃度に虫歯菌が含まれ感染率が各段位高くなります。

子供の虫歯予防は親の虫歯治療もおおきな手段になります。

これから妊娠・出産されるかたは早めの治療が子供の虫歯予防に大切です。

戻る

page top