口の渇き

口の渇き

こんにちわ。あおぞら歯科クリニック鎌ヶ谷の院長の歯科医師の副島です。

加齢とともに唾液が減少し口の中の渇きに悩む人がいると思います。

唾液の減少は歯周病や虫歯のリスクを高めるため注意が必要です。

よくある症状は食べ物の味がしない、舌がかさついて痛い、口臭がするなどです。

加齢変化以外にも原因があり、健康であれば生活習慣や服薬の調整で改善されることもあります。

唾液は交感神経、副交感神経で支配されえていて、リラックスしているときに働く副交感神経により排出される唾液がサラサラしたもので口腔乾燥の改善にはいい方向に働きます。

家族、友人と楽しい会話をして口の渇きを改善しましょう。

薬の副作用による唾液減少もあります。胃酸を抑える薬、花粉症の薬、降圧剤、睡眠薬、抗鬱薬、糖尿病薬などが副作用で唾液を減らします。口腔乾燥の症状が出た場合には減薬することで改善がみられるケースがあるので、まずは運動や食生活の見直しで生活習慣病を改善しましょう。

また口腔乾燥では更年期の女性でシェーグレンなど自己免疫疾患の症状の可能性があるので口の渇きを感じたら一度受診されることをお勧めします。

戻る

page top