抗がん剤治療前の歯科治療のすすめ

抗がん剤治療前の歯科治療のすすめ

こんにちわ。あおぞら歯科クリニック鎌ヶ谷の院長で歯科医師の副島です。

今回は抗がん剤治療前の歯科治療についてです。現在は、統計上日本人に2人に1人はがんになります。そして抗がん剤治療を受ける場合に口の中の状態が重要になります。

抗がん剤治療では免疫抑制状態となり抵抗力が低下します。そうすると親知らずの痛みや、歯周病の急性化、根尖病巣の急性発作など普段炎症が起きない部位で急激な炎症が起き重篤化、抗がん剤治療の妨げになる可能性があります。

またか抗がん剤治療では副作用で口内炎が多発しますが、口腔内環境が悪く細菌が多いと治癒が悪く食事に影響を及ぼし体力低下につながります。

抗がん剤の投与前に急に歯を治すことは難しいため、やむなく感染源になる可能性がある歯は抜歯することになります。

そのため普段からかかりつけの歯科医院をつくり定期的に受診することをお勧めします。

あおぞら歯科クリニック鎌ヶ谷も地域のかかりつけ歯科医院になれるように努めてまいりますのでよろしくお願いします。

戻る

page top