歯の治療は出産前に

歯の治療は出産前に

こんにちわ。あおぞら歯科クリニック鎌ヶ谷 院長で歯科医師の副島です。

GWは天気も良く行楽日和でしたね。お休みでリフレッシュして休み明けから頑張っていきます。

今回は妊娠と歯科治療に関してです。

妊娠すると歯のトラブルを起こしやすくなります。ただお腹の赤ちゃんのことを心配して受診をためらうケースが多いようです。

しかし妊娠すると女性ホルモンが増加し口腔内の環境が変わります。歯肉が腫れて、唾液も減り虫歯になりやすくなります。

さらに食生活も変化し、お腹の圧迫により一回の量が減り回数が増えることで口腔内の細菌の増加リスクが強まります。

このように妊娠自体が母体の口腔内の悪化の原因になるので出産前にきちんとしたケアと早期治療が必要になります。

来月は妊娠中の治療の注意点についてです。

戻る

page top