歯周病について

歯周病について

こんにちは。 あおぞら歯科クリニック鎌ヶ谷の歯科医師鶴岡です 今日は歯周病についてお話ししたいと思います。 歯周病は、歯の周りに付着している歯ぐきが、汚れや細菌(歯周病菌)の出す毒素によって失っていく病気です。 この様に、歯の周りから起こる病気なので“歯周病”と言います。この時、歯ぐきに炎症が起こるので、歯磨きの時に出血したりします。また、歯ぐきというバリアーを失った歯は無防備となり、細菌は歯と歯の間を、更に深いところまで進行して行きます。そのため、歯ぐきが完全に破壊される前に何らかの手段を講じる必要が有ります。しかし、歯周病は自覚症状が出現しにくいので、“気付いた時にはすでに病気がかなり進行してしまっている“ということがよく有ります。ですから、歯の調子が良くても、悪くても、定期的に検査をお受けになるようお勧めいたします。

戻る

page top