帯状疱疹について

帯状疱疹について

こんにちわ。あおぞら歯科クリニック鎌ヶ谷の院長の副島です。

梅雨も終わり夏本番ですね。太陽にあたり海であそんだりするのはいいですが体は疲れるものです。

そこで帯状疱疹です。疲れやストレスなどが引き金となり発症する病気です。原因は水疱瘡と同じウイルスです。

このウイルスは水疱瘡が治った後も神経節に潜んでいて体の免疫が弱ったときに帯状疱疹を発症させます。

多くは胸、背中、お腹に出ることが多いですが、口腔粘膜、顔面に出ることもあります。

これは顔面、口腔を支配する三叉神経節にウイルスが潜伏している場合に起こります。

最初はちくちくした痛みが出現し、赤い発疹が出て水ぶくれとなり神経の走行に沿って帯状に広がります。水ぶくれがかさぶたとなり徐々に治りますが約3週間の期間を要し強い痛みを伴うことが多いです。

早めに抗ウイルス薬を服用することで症状の悪化を抑えれるので帯状に広がる痛みで片側の場合には早めに受診することをお勧めします。

暑い夏です体力おとさないようにあおぞらしか鎌ヶ谷のスタッフも頑張っていきます。

戻る

page top