妊娠中の歯の治療

妊娠中の歯の治療

こんにちは。あおぞら歯科クリニック鎌ヶ谷の院長の副島です。

妊娠中のお口の中は虫歯や歯肉炎になりやすい環境になります。

そのため妊娠が分かった時点で歯科検診が重要となります。

治療に関しては本当は妊娠16週以降の安定期から臨月前までに終わらせてしまうのがいいでしょう。出産後に直すことを希望する方もいますが、実際は出産後の方が治療に通いにくいようです。

しかし慣れていない歯科医院では妊婦の治療を行わない医院もあります。レントゲン、麻酔、飲み薬、妊婦はそういったものに敏感になりやすいため慣れていな歯科医院では避ける傾向にあります。

あおぞら歯科クリニックでは院長が総合病院口腔外科出身のため妊婦さんの治療には慣れていますので、ご希望を伺いながら適切な処置が可能です。

妊婦の方は心配せず受診されることをお勧めします。

戻る

page top