歯を失った・入れ歯が合わない~義歯~

失った歯を補う方法の選択肢~入れ歯(義歯)・ブリッジ~

失った歯を補う方法の選択肢~入れ歯(義歯)・ブリッジ~

虫歯や歯周病、事故によるケガなどで歯を失ってしまうことは誰にでもあり得ます。理由はどうあれ、ご自身の歯を失ってしまうということは大変ショッキングな出来事です。しかし、失った歯を放置することは、お口だけでなく全身へ大きなダメージを与えるきっかけになってしまうことがありますので、できるだけ早く歯科医院を受診し、適切な処置をしてもらいましょう。

失った歯を補う治療としては入れ歯・ブリッジインプラントの3つの方法があります。千葉県鎌ヶ谷市の歯医者「あおぞら歯科クリニック」では、いずれの方法にも対応しております。それぞれの治療は、メリット・デメリットがあり、患者様ごとに向き不向きがあります。当院ではその方のライフスタイルに合わせて、最善の方法をご提案させていただきます。

入れ歯とブリッジのメリット・デメリット

入れ歯とブリッジの大きな違いは取り外し可能か、歯に固定するかどうかという点です。その他にも、さまざまなメリット・デメリットがありますので、よくご確認いただき、ご自身の希望を考慮したうえであらかじめ検討ください。

入れ歯 ブリッジ
入れ歯 ブリッジ
概要 歯型を採取して、取り外し可能な
人工歯を作る治療法
失った歯の両隣の歯に橋をかけるように人工歯を固定して装着する治療法
メリット
  • 歯型採取だけなので患者様の身体的負担が小さい
  • 早ければ1ヶ月程度で完成する
  • ほとんどの症例に対応できる
  • 保険適用できるので安価で作れる
  • 保険が適用できるケースもある
  • 口腔内で違和感が少なく、咬み心地もよい
  • 見た目に自然な仕上がりになる
デメリット
  • 咬む力の回復はあまり期待できない
  • 見た目に入れ歯とわかりやすい
  • 時間とともに合わなくなってくるので調整が必要になる
  • 慣れるまで違和感がある
  • 顎の骨が痩せやすくなる
  • 両隣の歯を大きく削って支えとするため健康な歯へのダメージが大きい
  • 症例によって適用できないことがある
  • 顎の骨が痩せることがある

保険と自費の入れ歯の違い

入れ歯治療は、保険で安価に作ることもできれば、自費でご自身のこだわりを取り入れたものを作ることもできます。大きな違いは保険診療の場合は、使用できる素材に制限があるという点です。

保険診療の入れ歯
保険診療の入れ歯
自費診療の入れ歯
自費診療の入れ歯
使用素材
入れ歯のタイプ
制限がある 豊富な種類の中から
好きなものが自由に選べる
費用 安価 高価
期間 比較的短い(1ヶ月程度) 比較的長い(タイプによる)
審美性
  • 見た目に違和感がある
  • 部分入れ歯の金属バネが目立つ
  • 自然な見た目に
  • 仕上がりを選べる
機能性
  • 慣れるまで時間がかかる
  • 硬いものが咬みにくい
  • 壊れやすいが修理も楽にできる
  • しっかりした咬み心地になる
  • 耐久性が高い
  • 修理、調整ができないものがある

当院のおすすめ入れ歯素材

金属床義歯

金属床義歯

歯ぐきに直接触れる部分のことを「床(しょう)」といいますが、この床の部分が金属でできている入れ歯です。保険適用のレジン義歯だと、素材の理由からどうしても床が厚くなり使い心地が悪いという課題がありますが、金属床義歯なら軽く上部で使い心地のよい入れ歯になります。熱伝導性があるので、食べ物の温度も感じながら食事が楽しめます。ゴールド、コバルロクロム、チタンなどの金属が使用されています。

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー

クラスプとは「ばね」のことです。部分入れ歯を作るときには、残っている健康な歯に金属バネ(保険適用の場合)をひっかけて使用しますが、これが周囲の歯へ負担となるばかりか、見た目もとても目立ちます。ノンクラスプデンチャーは金属バネではなく、軽くて柔らかく吸着性のよい樹脂素材で作られた部分入れ歯です。見た目も装着感もよいのが大きなメリットです。

お使いの入れ歯に不具合がある場合もお気軽にご相談ください。
診療予約
TEL 047-443-8848

page top