虫歯・歯周病になりたくない~予防歯科~

「治療」ではなく「予防」で健康なお口を手に入れましょう

「治療」ではなく「予防」で健康なお口を手に入れましょう

近年、虫歯歯周病予防することの大切が盛んに叫ばれるようになってきました。しかし、予防において重要なのが歯科医院で受けるプロケアであることについて、皆さんはどれくらい実感していらっしゃるのでしょうか。

ただ漫然と日々のセルフケアを続けているだけでは、虫歯や歯周病を完全に予防することはできません。双方を同時に行ってこそ効果を発揮します。歯科医院の役割は「治療」のために通う所というイメージが強かったはずです。しかし、これからは「予防」のために通う所だと考え方を変えてみましょう。千葉県鎌ヶ谷市の歯医者「あおぞら歯科クリニック」では、患者様の将来の健康を見据え、予防を重視した歯科診療をご提供しています。

海外と日本の意識の違い

海外と日本の意識の違い

歯科先進国であるスウェーデン、アメリカ、イギリスでは、歯科医院での定期検診はすでに生活の一部となっているそうです。いずれの国も70%以上の方が歯科医院でのメインテナンスを受けています。

一方、日本でメインテナンスのために定期検診を受けているという方は、全体のたった2%です。この結果は、70歳時点での平均残存歯数の違いとして現れます。このグラフのように諸外国では70歳時点で最低でも15本は歯が残っているのに対し、日本ではたった8本しか歯が残っていないのです。

海外と日本の意識の違い

歯科医院への通院は、時間もお金もかかると思われがちです。たしかに時間や費用もかかりますが、一度にお口のトラブルが発生するとなし崩し的に悪い箇所が見つかるケースもよくあります。そうなると多額の治療費も必要になり、通院も何度もしなくてはならなくなります。

なによりお口へのダメージが大きくなるので、定期的にメインテナンスを続けることでそうした不安を払しょくしましょう。ダメージに至る前に未然に防ぐことで、お口の健康を保つうえではかなりメリットがあると言えます。

予防歯科メニュー

鎌ヶ谷市のあおぞら歯科クリニックでは、患者様のお口の状況に合わせて、最適だと思われる予防歯科メニューをご提案しています。

TBI(Tooth Brushing Instruction)

TBI(Tooth Brushing Instruction)

毎日ご自宅で行うブラッシングは、ついつい自己流になりがちです。毎日行うことだけに磨き方のクセが出て、磨き残しが生じてしまうことも。当院では、患者様の歯並びやお口の症状などに合わせて、最適なブラッシング方法をご指導いたします。

たかがブラッシングと思いがちですが、されどブラッシングです。歯科医院で受けるプロケアと合わせてしっかりとプラークコントロールができるようにしましょう。

PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)

PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)

PMTCは、歯科医院で受けられる専門家の手による器具を使った歯のクリーニングです。毎日のブラッシングでは落としきれない歯の汚れ、プラーク(歯垢)、バイオフィルム(細菌の膜)を隅々まで除去します。処置の際に痛みはまったくなく、むしろ気持ちがいいほどです。軽い歯の黄ばみ(着色汚れ)なども落とせるため、歯本来の白さが取り戻せることもあります。

フッ素塗布

フッ素塗布

お口の中では日夜、カルシウムなどのミネラル分が溶け出したり(脱灰)、再吸収(再石灰化)されたりを繰り返しています。このバランスが崩れ、脱灰が優位になると虫歯が進行してしまうのです。

フッ素は歯の再石灰化を促す成分です。歯の表面に歯科医院で扱っている濃度の高いフッ素を効果的に塗布することで、虫歯予防に効果を発揮します。歯質が弱い子供の生えたての歯によいことが知られていますが、大人の歯にも十分効果が期待できます。定期的な塗布がおすすめです。

定期的な予防受診で病気になりにくい健康なお口が手に入ります。
診療予約
TEL 047-443-8848

page top